工藤夏海 世の中グラデーション

すごい引力だ。
じょわじょわ~~と胸をつかまれる。ここではいろいろなものが共存して知らんぷりしている。
世の中が夏海さんの作品のようだったらいいのに。
そしたらすごく楽チンで気持ちいいよなぁ。

前野久美子(book café 火星の庭)


世の中グラデーション!とか!最高な言い回し!
ナツさんは憧れの人です。いい女ってだれか?
みたいな話になると必ずナツさんじゃね?と皆意見が一致します。
そう、ナツさんと、ナツさんの作品は、
まさに光と影の間にあるグラデーションのような豊かさに溢れている。
ナツさんが眼差しているものことを展覧会で体験できるなんて、マジで最高です。
早く12月にならないかな、待ち遠しいな。

志賀理江子(写真家)


ナツさんが誰かの画集を見ていた時に「こんな風に見えてるんだねえ」と面白そうに呟いていました。
ということは、ナツさんには、あの揺れる懐かしい絵のように世界が見えているのですね。
そういえば、ナツさんが絵を描くところを見たことがありますが、あの面白おかしい線を迷いなく描いていました。
あれは、見えているものをそのまま描いていたからだったのか、と今更驚きました。
ナツさんの濾過装置をとおして抽出された、揺れる懐かしい面白おかしい世界
(あ、これが『世の中グラデーション』か)を、本にして毎夜眺めてみたいもんです。

高柳あゆ子(yumbo)


工藤夏海の描く絵は哀しみを帯びている。
村の子供たちや和尚、異形のものたち。川や山までもが、どこかに影をもつ。
彼らは生を高らかに歌い上げたりはしない。
傷つきながらも飄々と受け入れているように見える。
だから私たちは彼らの横顔を愛おしむのだろう。

伊東卓(リフォーム業)


私は出来ることなら、いつも夏っちゃんの作品のそばにいたいです。
気取らずやさしいインスピに溢れてて、いっぱい刺激をうける。。
そっだな生活、夢のようではありませんか。
今も、夏海さん制作のうちわと旅を共にしています。
全部展?てすごい、考えるだけで愉快!血が逆上がりしてよろころんでます。

さや(テニスコーツ、ざやえんどう、ざいとうざや、、)

 

出逢ってしまって、しまったー!
夏海さんのホルンの音をきいた時も感じた事なのですが、
作品に出逢った瞬間に嬉しいや楽しい気持ちが自分のカラダの外に飛び出してくる。
その飛び出した彼らと『これはね、』なんて会話をしていると作品の物語が誕生したり想像が膨らんだりして、
ほっこりしたりします。
そんな夏海さんの作品が ぴょいと飛び出して色や形を変えて広がっていったら素敵だなあと思います。

荒川淳(ReddTemple,studio tissue★box)


工藤夏海の作品が集う場は、酒池肉林ならぬ茶池菓林。
哀しみは、可笑しみで包(くる)まれ
朗らかさには、ときに静けさが塗(まぶ)される。
世の悲喜交々が泡立ち、独自の作法で供されるー「もののあはれ」をご堪能ください。

清水チナツ(せんだいメディアテーク学芸員)

 

工藤夏海 個展&作品集『世の中グラデーション』
制作費サポーター募集!

仙台を拠点に、絵画・イラスト・人形劇・音楽とジャンルを横断し活動するアーティスト工藤夏海の13年ぶりとなる個展を、この冬 Gallery TURNAROUNDにて開催します。また、展覧会に合わせ、これまでの作品をまとめた作品集も発行します。いずれも、有志による「世の中グラデーション」実行委員会が鋭意準備を進めていますが、主に作品集の制作費を賄うべく、制作費サポーターを募集いたします。みなさまのご支援、心よりお待ちしております!

「世の中グラデーション」実行委員会:安部朝美、長内綾子、関本欣哉、高橋創一

 

◯ 個展「世の中グラデーション」

日常と想像の世界を絶えず行き来きする作家の眼差しを通して、現在地をただよう。
近作を中心とした13年ぶりとなる個展。
会 期:2017年12月20日(水)~2018年1月14日(日)月曜休廊
    12月31日(日)~1月5日(金)まで年末年始休廊
会 場:Gallery TURNAROUND
入場料:無料(関連イベント時は別途)
企 画:長内綾子(Survivart)
主 催:「世の中グラデーション」実行委員会
協 力:喫茶ホルン

 

◯作品集「世の中グラデーション」

イラストやドローイングのほか、パペットや手芸品にまで及ぶ約30年間の創作活動の軌跡をまとめた一冊。
澁谷浩次(yumbo)による巻頭詩のほか、工藤を知る方々による寄稿と展覧会キュレーターによるエッセイも集録。
仕様:B5サイズ、100頁、カラー、限定700部、2017年12月中旬発行
定価:1,800円(税込)
*仕様・定価はいずれも予定です

 

工藤夏海|くどう・なつみ

1970年宮城県南三陸町生まれ、1988年より仙台市在住。ミニコミ誌『TEM』('94-98)の制作のほか、拾った家具や古着に絵を描いて販売したり、壁画を描いてもいい壁を募集し制作するなど、美術と生活と社会のあわいで多様な表現活動を行う。1997年人形劇団ポンコレラ結成。2011年より喫茶ホルン経営。yumboの管楽器担当。みやぎ民話の会叢書第14集『語りたいこんな民話』(再話 小野和子、2015)では、挿絵を担当した。2017年12月には、久しぶりの個展「世の中グラデーション」(Gallery TURNAROUND, 仙台)が予定されているほか、これまでの作品をまとめた図録も発売予定。

 

制作費サポーター概要

サポートは金額に応じて全5コースあり、お礼として作品集+作家オリジナルグッズを進呈します。
*複数口のお申し込みも可能です
*梅コース以外は作品集にお名前を記載させていただきます(希望者のみ)
*制作費サポーター募集チラシデータはこちらよりダウンロード可能です(PDF 1.2MB)

梅コース:1口 2,000円……作品集1冊
竹コース:1口 5,000円……作品集1冊+直筆イラスト入りノート
松コース:1口 10,000円……竹コース+手作りオリジナルブローチ
特コース:1口 30,000円……松コース+超オリジナル布製バッグ
超コース:1口 50,000円……特コース+超玉手箱

 

◯お申し込みの流れ

1.こちらのフォームよりお手続きください(Googleフォームが開きます)
  https://goo.gl/forms/Dx4XNm6K5ZbbdilK2
2.フォーム送信後、以下の専用口座へ、選択コースの合計金額をお振込ください
  【ゆうちょ銀行】
  記号:18110 番号42266821 名義:世の中グラデーション実行委員会
  (他金融機関からのお振込の場合)
  店名:八一八 店番:818 普通預金 口座番号:4226682

  *ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください
3.お振込が確認でき次第、実行委員会よりEメールまたはハガキにて確認とお礼のご連絡をいたします
4.選択コースに応じたお礼品を発送いたします(2017年12月中旬〜下旬予定)

 

◯お申し込み締め切り

2017年10月31日(火)お振込完了分まで


ドローイング 左 「空き地」(2001)、中 「View」(2000)、右 「休息」(2013)、各182×257mm


ドローイング 左 「驚いた顔」(2017)、右 「戯けた顔」(2017) 、いずれも182×257mm


木版画「Updates In November」(2003) 210×120mm


ドローイング「untitle」(2017) 297×210mm


ドローイング「untitle」(2017) 297×210mm


PONKO人形「a-u-o」(2015) 左127×78×47mm、中161×65×55mm、右160×57×53mm 撮影:嵯峨倫寛


絵本「何が見える?」(2003) 136×197mm×奥行可変 撮影:嵯峨倫寛


人形劇団ポンコレラ「ミチコとベス」パペット(2013) 撮影:嵯峨倫寛

 

◎お申し込み・お問い合わせ

〒980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22, 1F
Gallery TURNAROUND内「世の中グラデーション」実行委員会
TEL/FAX:022-398-6413
Email:gradation(at)survivart.net ※(at)を@に変更して送信してください。
Facebook:gradation.is.there
Twitter:natsu_gradation
URL:http://survivart.net/gradation